おそばやさんの用語辞典(や)

やくみ(薬味)
葱(ねぎ)、大根(だいこん)、山葵(わさび)が薬味御三家で、風味を増すと共に、食欲増進、毒消しの効果がある。

やど(宿)
出前に対して、店に足を運んでもらって売ること。

ゆごね(湯ごね)
お湯でそば粉をこねること。お湯を加える事によりそば粉のデンプンを糊化して粘性を引き出す。さらしな粉を生粉で打つとき等は湯ごねでないとつながらない。

ゆず(柚子)
薬味の一つで、強い酸味と香りが特徴。皮の部分のみ薄く削って使う。鴨南蛮や天ぷらそばに合う。

ゆだめ(湯だめ)
釜揚げうどんの事。

よつや(四谷)
通し言葉の一つ。4を意味する。また、四つ台(出前のときのお膳)を指す事もある。

よんたて(四立て)
三立てに一つ(そばの実の)採りたてを加えた物。